松本匡史のドクターズブログ(院長からのちょっとしたお話)

  1. トップ
  2. ドクターズブログ
  3. 2022年一覧

2022.07.11風を読む
安倍さん
あ~残念です。
無念ですし、無念だろうなと思います。

国民のそれぞれは、安倍元首相に対して賛否両論あると思います。

しかし、強いリーダーシップで日本を良くしようとした、世界でも稀有な人物の一人であったことは間違いないと思います。

慎んで哀悼の意を表します。


日本のことを真剣に考える人がまた一人去りましたね...。

政治家として名を濃く刻む人は、恨まれることもまた多いと思います。
今や敵となるプーチンからも弔電が来るぐらいのリーダーですし。

最期を老衰で印象なく死去するより、選挙の演説中(政治家としての戦場)に凶弾に倒れた衝撃的シーンは、最期の最後まで政治家としての姿勢を貫いて見せた人物として、後世に強く語り継がれ、称えられるでしょう。

歴史を振り返ると、非凡な人物になればなるほど、残念ですがこのような最期なのかもしれませんね。

歴代の総理大臣の中でも、しっかりとした国家観があり、勇敢で勇気のある政治家であったと思いました。今後、歴史の教科書に永遠と刻まれる人物になったのではないでしょうか。

また国葬になるでしょうし。
その時の世界の歴々たる圧巻の参列者達が、彼の功績に花を添えるのではないでしょうか。。


日本は本当に有能な人物を失ったと思います。

最後に安倍さんには、絶命されるまで政治家を全身全霊で全うされ、「本当に勇敢に戦かわれ、ご苦労様でした」と老を労い、ご挨拶として締めくくりたいです。
2022.03.08風を読む
大義なき戦争の行く末!
本当にヒドイ。
東西諸国が、大戦後かなり文明が進んだのに、また21世紀にこんなに激しい侵略戦争があるなんて。想定を越えすぎている。

それが戦争だと言えば、そうなのかもしれないが。あまりに合理性に欠いている。

無差別的殺戮な戦争が早く止まるよう、誰か何とかして欲しい。

snsが進んだ時代だからこそ、ゲームのような戦争でないので、あの映像が入ってくると非常に心が痛む。

国際ルールも少ない75年前の第2次世界大戦は、もしかしたらこんな感じだったのかもしれない。

プーチンは、過去から何も学習していない。

世界に知恵のある本当に有能な人は、いないのかね~。
私は、ドイツのメルケル前首相ではダメなのかね?と思う。

早く終わることを祈ります。

こんなんでロシアが勝っても、プーチンは国内でも英雄にはなれないだろう。
また、国外秩序からもヒットラー並みの扱いを受けて、誰も相手にしないだろう。そこに彼は誤算しているし、もう合理的判断がなされていないと考える。

今の世界秩序、経済からはみ出たロシアがどうやって、生き残るのか。
今の経済は、世界と密接に絡んでおり、その経済から外れると、軍備も貧しく、ロシア国民も貧しくなるだろう。北朝鮮への道しかないように感じるが。そしたら、クーデターで暗殺されることも考えられる。

今の時代に、武力による秩序、統治の変更は、やはり時代に合わないし、ウクライナ人の遺恨が逆に増えすぎて、残りすぎて、統治に無理があるのではないか。

これを傍観している中国、北朝鮮は、これでも戦争にメリットがあると感じるのであろうか。

でも、ウクライナみたいに抵抗するならよいが、弱腰の日本が相手となれば、価値観の違う国からすると戦争はメリットと感じるかも知れないね。

Page top