Warning: include(/usr/home/aa217oki2i/html/include/header.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/ah122moa3p/html/drs_blog/index_10.php on line 23

Warning: include(): Failed opening '/usr/home/aa217oki2i/html/include/header.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/ah122moa3p/html/drs_blog/index_10.php on line 23

松本匡史のドクターズブログ(院長からのちょっとしたお話)

  1. トップ
  2. ドクターズブログ

2007.05.12写真展
松尾 政美さんの写真展・・3 heiwa 編

コピー ~ matuo ph.jpg
heiwa


*松尾さんの人柄・感性が,出ている最高の1枚の写真です。

2007.05.11写真展
松尾 政美さんの写真展・・2 雨と花 編

雨と花 編

matuo ph118.jpg
雨雫

コピー ~ matuo ph119.jpg

コピー ~ matuo ph120.jpg
・・・・・孤独

コピー ~ matuo ph121.jpg
・・・・トンボ・・・???

2007.05.10写真展
松尾 政美さんの写真展・・1 インド・ミャンマー 編

インド・ミャンマー編

コピー ~ matuo ph115.jpg

民族衣装


コピー ~ matuo ph111.jpg

ミャンマーの夕日(船上からの撮影)


コピー ~ matuo ph117.jpg

黄昏


コピー ~ matuo ph114.jpg
ウーペン橋の僧侶

コピー ~ matuo ph116.jpg

2007.05.09写真展
松尾 政美さんの写真展(予告編)

患者様・松尾政美さんの暖かい写真・心のこもった写真を10回にわたり掲載を行います。
あらゆる写真展で,入選されているものが沢山あります。

P1010421.JPG

これは、予告ですのでごく一部です。診療室にも飾れないぐらいあります。厳選して今回はお見せします。
皆さんどのように感じますか。共感しますか。癒されますか。
明日から一点~二点ずつお見せします。

2007.04.21患者さんとの対話
いくつになっても女性でありたい

この題材をつけるキッカケになったのは、80~歳の女性・西岡さんを見て感じた事からつけました。(西岡和子さんが製作した作品です。医院の雰囲気に合わせすべて刺繍で作られています。製作期間6ヶ月・素晴らしい作品です。私は頂いたことを本当に嬉しく思っています。感謝・感謝)
P1010869.JPG

この女性との出会いは、ある知り合いの男性の方を治し、その繋がりでその西岡さんの旦那さんを治したキッカケで、開業当初から通院されました。

この西岡さん、数十件の歯医者に通い満足できるように訴えていたのです。
その訴えは、「入れ歯は気持ち悪いから他に方法はないのでしょうか」

この訴えであれば、今の治療法・・・・インプラントで解消すると簡単に思うところですが、家族は高齢の上、足もおぼつか無い状態で、遠方川西市から一人で来院されるし、経済的にももう無理はしたくないという結論で、却下になりました。

そうなると方法は、保険制度の適応が外れてしまう設計のブリッジと、やはり入れ歯を組み合わせた設計になってしまいました。
・・・・・私の気持ちでは、この設計で本当に満足されるのか一抹の不安も感じました。

西岡さんは、精神的に少しナーバスな方だと思っていましたが、それが歯から来ているとは、その時、全く想像つきませんでした。

その出来事を気づくキッカケになったのは、仮歯を口の中で製作していた時の事でした。
どう作ってもバランスが取れないため・・・・・。
もしかして、若い時出っ歯だったのではと私が思ったことからでした。

当然過去50年前の話を聞く事になります。答えはYESでした。

以前の歯医者でも出っ歯を無くすためのブリッジしたことはあるらしいが、咬みにくく、無理したブリッジにするため、周りの歯が締め付けられる痛みになるらしく、断念。
そのため、前歯がくっついた少し大きめの入れ歯になっていました。しかし、それはさらに気持ち悪く付けてられない状況になり、外出が益々控えめになりがちに。

なぜ、昔、上の前歯を抜いたのか?
理由は簡単、出っ歯が治るという歯科医の勧めだったとの事。
出っ歯は治ったものの、無理したブリッジを設計のため、噛むたびに周りの歯がきしみ痛むという苦しみから、歯医者をコロコロ変える羽目に!

それが30年続くことになったらしいのです。

この西岡さんの悩みすべては理解できたため、何を気をつければ良いのか判ったため、このブリッジの問題は解消できました。この修正は簡単でないですけど、ポイントを外さなければ違和感も少なくなると考えていました。

すると、見る見る精神的にも安定・前向きになり笑みが多くなり、この娘さんから母が元気になって何でも前向きになり若返ったと報告を頂きました。

私も・・・・・ん・・・・・不思議な事があるもんだ。
消して入れ歯が気持ち悪くて、付けれないのではなかったのです。
昔からのコンプレックスを解消でき、さらに痛みが消えたことで、歯の悩みに意識が無くなったと言う事で、入れ歯が嫌だということではなかったのですね。

綺麗でありたい。その代償は長かった。

それでも、
「女性はいつまでも女性でありたい、綺麗でありたい」という想いを改めて気付けたケースでした。

美しさを保つために努力する事は、他の人、本人の心を豊かにするみたいです。

いくつになっても「綺麗ですね。」と世の中の女性に声をかけるべきですね。
元気にさせる秘訣かな???

2007.04.13歯科医の仕事
ん・・・・・これでいいのか新人研修医師?

先日、突然に新人研修医から一本の電話がありました。

新:「見学させて欲しい」・・・・・いいですよ!と即答したら「今日行きたいのですが。」・・・いいですよ!?!

関東の方から来られたとの事。就職する意志があっての見学でない事は一目瞭然。
でも、この男性医師は、少しインテリだが面白い存在でした。
流行に流されやすそうだが、何かオーラを感じたのです。

治療経験があまり無いのに、質問のポイントが4~5年経っているかのような内容をなのです。
よく勉強しているな~。
って思うけど、経験が無いからその治療方法・手段の必要性に気付いていないのだな~って。・・・・・

新:それはどの本を読めばわかりますか?
私:そこから勉強するか・・・・・?じゃあ~簡単な質問していいか?

そんな会話からこの先生の理想が見えてきました。

今までにも研修医が多く見学に来ましたが、初々しさがあり、給与の件とどんな勉強をさせてくれるのかばかりでした。だから、一種独特でした。

私から逆に質問しました。
私:何軒見学した?
新:2件見ました。
   ・・・・んん。
私:どこを・・?

新:今、予防で有名な歯科医院さんと、大手グループ歯科医院さん。
・・・・・ん。
そして、なんで家(うち)なんだ。・・・その答えは、単純なものでした。言えないことですが。

私:どう?治療のやり方・考え方・実行力ともに違うだろう・・・・。
新:はい。違いますね。同じ歯医者なのに違いすぎます。
私:面白いだろう~?
新:はい。今日の見学は凄く勉強になりました。

私:その狭間にいるのが患者さんだよ。まあ~でも、患者さんにとって選べることはいいことだけど。
  だから、治療結果の違いが出るのも解かるだろう。

新:はい。ある医院は、接客・接遇・サービスに力を入れるがゆえにDRの技術に疑問をおもいましたが、  スタッフ教育は勉強になりました。
新:もう一つの医院は、DRが多いですね。
私:それだけ・・・。 

新:先生、インプラントの患者は沢山来ますか?
私:は~。経営のことばかり考えているんじゃない?
 先生みたいな人は、いきなりインプラント専門医の医院でもしそうやな~。
  そんな考え方よくないぞ。歯医者は何のためにあるんや~。増えすぎるとそうなるか。
  心配するなよ。健全な治療・健全な考えを持っていたら、経営は気にしなくていいよ。
  
   じゃあ、この専門誌見てどう思う?

新:綺麗ですね。
私:そうだよな~。先生ならそういうと思ったよ~。
   これには、裏があるんだ。それでも、どう思う?
新:凄いですね。綺麗ですね。

私:そうか?専門誌・学会誌だから、素晴らしいわけではないよ。
   医師皆、これ見て錯覚起こすのだよ。
   もし君の体ならそんな治療してもらいたい?

新:あっ。しませんね~。
私:そうだよ。それが正しい倫理感だよ。

新:また、見学させて下さい。
私:先生が頑張って、その倫理感で有名になっていたら来てよ。
新:わはは・・・。

今日が初対面でないくらい彼とは色々と話をしましたが、
今の時代、見学に来る先生は、経営を意識し過ぎる感があり、医院が綺麗ですね。とか・・・。
大事かもわかりませんが、開業される先生に健全な理念がないような。
それは、国の政策のせいか?

2007.04.08スポーツ
期待に応える

松坂選手やってくれましたね~。
周りが絶賛するほど、本人は調子が今ひとつみたいだったけど、まずは結果を出せたことに喜んでいましたね。
mlb_photo_thumb_108.jpg

凄い重圧の中、淡々と仕事をこなす姿はオーラを放つ。
調子が悪ければ、その環境に瞬時にフィットさせることはホントに私にとって学ぶ事沢山でした。

規模は違いますが、私もミスを許されない仕事についている限り、いろんな患者様・環境・時間・自分の体調によって、決断・対応・結果が異なりますが、どんな状況であろうとブレない芯・安定性を必要とします。
mlb_pickup_main_92.jpg

私は、松坂選手の言動・行動をテレビで拝見していますと、準備は怠らず、出るべくした結果・環境が見えてくるような気がします。誰もが思うでしょうが、今後さらに良い成績を残すと思います。
期待に背かない松坂選手は凄~い!!!

それに比べ・・・・・・阪神はきびし~い。
もしタイガース預金があるなら絶対にしませんね。(実は私、星野政権の2年目の時当たりました)
今の阪神、何かが完全に欠けていると感じます。

私は、優勝がないと断言します。理由はありますが、言い過ぎはよくないのでここまで。

それと、ノリ活躍してますね。一時期だけでも底辺を見たのでしょうね。
選手として再起できるだけ、恵まれているのでしょうけど。
今のノリの動き、近年にない動き・働きですね。今までがナンだったんでしょう~。
でも、頑張ってホームラン王とってさらに今年の話題にして欲しいですね。

2007.03.25
感動した!!

昨日は疲れて早く帰宅しました。
すると、女子フィギュアが録画で放送されていました。面白かったですね。
20070324-00000000-spnavip-spo-thum-000-small.jpg

特に、浅田真央ちゃん涙に感動しました。
気持ちがわかるだけに、私も自然に涙が出てきました。
ものすごいプレシャーなんでしょうね。あれだけ騒がれて、さらに前日の内容があり注目されると。

でもそれを乗り越えパーフェクトな演技をするなんて、立派!!!


安藤美姫も凄かった。冷静で安定して気持ちがぶれてない感じでした。
あんな場面で本領発揮するには、相当な練習と安定したメンタルを作ったのでしょうね。


昔の私は、何事もプレシャーに凄~い弱かっただけに、克服するのに苦労しましたから、彼女らの次元の違うプレシャーは半端じゃないのが分かります。

キム・ヨナは残念ですね。私はキム・ヨナのファンです。でも、日本人に頑張って欲しいですが。
16歳にして、ポーカーフェ-ス。
そのキム・ヨナが、演技後に少し悔しそうな顔をしていました。相当悔しいのでしょうね。
腰が治れば、真央ちゃんの1番のライバルになるんじゃないかな。

真央ちゃんは、天才肌。キムヨナは努力肌。今後、どちらが勝つ事が多いのでしょうか?

面白いし、華がある競技ですね、フィギュアは。・・・・・男子もですよ!!!

2007.03.07
注目!!!

今年の野球の注目は、まず松坂です。
どれくらい活躍できるか、楽しみですね。

ニュース見ていてもプレッシャーを楽しみながら、しているように見える。凄いですね~。
松坂は、目標を決めてやっているみたいですが、1年目なので大きな目標にせず、クリアーできる目標に設定しているみたいで。賢いですね~。

彼は、自分をよく知っていますね。間違いなく活躍するでしょう。
楽しみです。

最近の私は、阪神の興味が少し薄れてきたのですが、今年の中村ノリに興味があります。
契約更改で、無理を言いすぎて、すべてを失い、改めてプロ野球の厳しさにあっているみたいですが、
何処まで這い上がるかみたいですね。もともと力はあるのですから、あとは拾ってくれた中日に、オリックスに感謝して、がむしゃらにプレーして成績を残せれば最高ですが。

注目です!!!

2007.03.02歯科医の仕事
ANAの勇気ある行動に賞賛!!!

早いもんですね!
もう3月です。寒さほどほどに。もうすぐ夏が来るのですかね~???
それはないと思いますが。

今日ニュースを見ていたら、全日空の記念館?博物館?展示会?が話題になっていました。

その中身は、全日空の過去の墜落事故を展示するという内容でした。
社内でも物議になったらしいです。解かります。
自分の非をさらけ出す事は、嫌な事です。

「これをする事で、改めて社員一同、心一つに安全を意識して仕事します。」
こんなコメントを29歳の女性社員が言うのですから、社員意識がすごいな~と思いました。
もう二度と大変な事故を起こさないために。
賞賛です。是非、この展示会成功して欲しいです。

歯科治療も安全が問われます。
人間のすることですから、小さいミスがないというのはウソになります。
また、ミスをしたくてするわけではなく、ミスが近寄ってくる事もあります。・・・・??
どれだけ、ミスを少なくするか、ミスを逆に成功に導くかが私たちに問われます。

同じ患者さんによっても、体調も違いますし、体の構造も一部違う場合があります。
どんなに研ぎ澄ました感性を持とうとも、避けれない事があります。
それを言い訳しても、結果論しか見られないのは、医療の現実だと心にしています。
その為には、診断力を磨かなければなりません。

実は去年ですが、私も細心の注意を払ってインプラントをしていましたが、インプラント治療終わって2週間経って背中が痛いという人がいました。不思議に思い検診を勧めました。
その3日後に心臓手術とは、びっくりしました。狭心症ですね。
私は、無関係とは思いにくいので見舞いに行きました。

今は元気にされています。
「以前からかなり狭窄していたみたいで、ハハハ。」
笑い事ではすまないですよ。私も心臓が痛い・・・・・。

この患者さん、
安全を確認しながら、
その後も治療再開しています。

  1. <
  2. 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

Warning: include(/usr/home/aa217oki2i/html/drs_blog/include/sidebar.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/ah122moa3p/html/drs_blog/index_10.php on line 400

Warning: include(): Failed opening '/usr/home/aa217oki2i/html/drs_blog/include/sidebar.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/ah122moa3p/html/drs_blog/index_10.php on line 400

Warning: include(/usr/home/aa217oki2i/html/include/footer.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/ah122moa3p/html/drs_blog/index_10.php on line 408

Warning: include(): Failed opening '/usr/home/aa217oki2i/html/include/footer.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/ah122moa3p/html/drs_blog/index_10.php on line 408