Warning: include(/usr/home/aa217oki2i/html/include/header.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/ah122moa3p/html/drs_blog/index_11.php on line 23

Warning: include(): Failed opening '/usr/home/aa217oki2i/html/include/header.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/ah122moa3p/html/drs_blog/index_11.php on line 23

松本匡史のドクターズブログ(院長からのちょっとしたお話)

  1. トップ
  2. ドクターズブログ

2007.02.17患者さんとの対話
医者冥利に尽きる

松本歯科クリニック  松本院長様
>
> お久しぶりです。 4年程前、お世話になった宇野です。
> 今日、たまたまHPを拝見しました。 独立されたんですね! 
> 遅ればせながら、開院おめでとうございます。
> 松本先生の丹念の治療のおかげで、東京にきて4年経ちますが定期検診以外は歯科の
>
> お世話になることもなく噛み合わせも完璧です。 先生とトノベさんのおかげです。
>
> (笑笑)
> 焼肉やふぐもガンガンいってます! また行きたいですね、BMWに乗って。(笑
> 笑)
> クリニックのご発展をお祈りします。・・・目指せ 東京開院!
>
>                東京より 宇*san

読者の皆さん、すみません。こんなメールをお出しして。

この方は、焼肉が好きな方で、仕事が、ヨドバシカメラの8Fの4店舗ほどの飲食店をマネージメントしました。
もちろん焼き肉屋も含まれています。
その後、東京へワールドカップの看板とかのマネージメントをするとか言って、転勤されました。
古い話やな~。4年より前やね。

半年~1年ぐらい治療をしてましたか。

治療がすべて終わった時に感謝として、焼肉をおごって下ったのを鮮明に覚えています。
「ここのミスジが美味しいだよ」と言っていたのが懐かしいです。
スタッフも含め5人分を、男前にスパッ~と!

こんな事してもらうとは、思ってもなかったです。
私は、いつも患者さんにとって将来有益かどうかを考えて仕事をしています。
プロ意識として当たり前の事と考えているからです。・・・・カッコよく言うと!

でも感謝される事は、何より嬉しいことです。
その後も、元気であることも。

私たちの仕事は、特に人対人の仕事ですから。色んな人を見ます。
プロとしての心意気があっても心がなければ上手くいかないです。
歯医者に限らずどんな仕事でも、そうだと思いますが、最近の医療は特に。

この場合は、いい人に出会い私の仕事を評価してくれた患者さんです。
また、この患者さんは、治療に対し協力的であったからできた事です。ホント感謝します。

しかし、今日は「いつも治療時間が伸びるから、時間内に終わらせて欲しい。」・・・んん簡単な治療なら分かるが。って言う場合がありますから、みんなから喜ばれる事ばかりでないのも事実です。
がっかりする事もある中、今回の感謝のメールは、歯医者冥利につき、勇気付けられます。

皆さんは、何を思い、何を思って仕事していますか?

2007.02.14プライベート
さようなら 宮本巡査

このニュースをはじめ見た時は、「もったない」と感じました。
仕事とは言え。

朝の情報番組で、昨日巡査が亡くなり、自殺願望者は助かったと知り、私の気持ちが代わりました。
警官として職務を全うしたことに、逆に感動を感じながら、自然に不思議と涙が出できました。
ニュースを見て涙が出るなんて・・・・・。

最近の日本人に見られない、また悲しいニュースの中で責任感の強さと勇気を感じ尊敬しました。
宮本巡査、安らかにお眠りください。

2007.01.12
ばらばら事件が多発!!

年明けから嫌な事件が多いですね。
は~~。

以前のばらばら殺人事件は、身近な人ではないですよね。
身内を切り刻むか~???

変な時代ですよね。
偏差値勉強ばかりしすぎて、道徳・理性・倫理を教えなかったツケかな。
だから、自分しか見えてないのではないのかな。

ところで、人を切り刻むのはホント大変なことだよ。
昨年、1人の人にインプラント8本一気に埋入しましたが、大変なことですよ。
その上、血は極力見たくないね。治療だから仕方ないが。


昨日もスタッフに言い聞かせました。
「他人のために一生懸命したら、自分のためになるのだと。」
自分のキャパ以上することは無いけど。
必ず新しい発見があると。

この言葉、内のスタッフの1人は理解できていません。(悲しい)
人のためという意味が理解できないみたいです。

私の場合、人のためにならなかった時は、自分には何かが足りない事があるのではと、まず自分を疑うし、いろんな状況から最適な方法を考える。
が、最近の人は、すぐ他人を悪くいったり、環境のせいにしたりする。

どんな人とも上手く付き合う事は確かに難しいと思うが。
今の日本人、自分本位すぎるよね。


与えられた環境で、上手くいくようコミニケーションをとったり、考えたりして、自分で環境を作る、作り変えることができないのだよね。今の子は。

臭い物には蓋。逃げて済むことなら、無くなったしまったら、と考えるのでしょうね。

ばらばらにする前に、人を殺す前に回避できるような方法は考えて欲しいよ。

2007.01.04おしらせ
おめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
本年は、皆さんにとって良い年になりますようお祈りいたします。

昨年は、イジメ・教育問題・など色々な暗いニュースが多かったですね。
今年は暗いニュースが減ってほしいですね。

今年の医院は、特に、歯周病に苦しむ患者さんを救い、本来の機能に戻し、見た目も美しくしてあげたいですね。

今年のスタートは明日からです。1月5日からです。

2006.12.31おしらせ
1年間の反省

今年は、私にとって忘れられない1年でした。
嬉しい事もあれば、苦しいこともあるハードな1年、「あっ」という間の1年でした。

色々な方からご指導・ご指摘されながら、前に進み、
患者さんに喜んでもらいたい一身に仕事・治療をしてきました。
喜んでもらうことも多くありました。

しかし、理解されない事もあったと正直感じています。
まだまだ、反省しなければならない事だらけです。

一番感じたことは、あれも、これも保険で治療して欲しい。という願いに応えられなかったことです。

今の保険の医療制度の中でできる事は、ますます狭められ、時間を避けない内容になってきている事です。特にH18.4に大きく変わった保険制度システム。
ここ最近にない、厳しい内容でした。
そのため、私はいつも苦悩しながら、患者さんと会話をしていたと思います。

また、さらに今年の10月から、一部の80歳の高齢者でも3割負担になっていましたから、本当に気の毒に感じます。

ますます患者負担が大きくなる医療システムにどう応えるかが、来年の私の使命ですね。
この答えは、医院に来てもらった患者さんに伝えて行きたいと思います。

来年は皆さんにとって良い1年になるように、祈りまして、今年1年を締めたいと思います。
今年1年有難うございました。

1月5日から、医院は開いておりますので、よろしくお願いします。

2006.12.18プライベート
命の尊さ、あらためて

久ぶりに時間ができ、「硫黄島からの手紙」を梅田で見て帰りました。

ん~~~~「無念」の一言。

私はサイパン島、グアム島、沖縄の戦争の爪あとを見たことがあります。
沖縄は、サイパン・グアムより酷い戦場であった事をよく認識しています。

硫黄島がどんな戦場だったのか、全然知らなかったので興味もありました。 
まず、びっくりしたのが、島民がいたと言うことです。ごくわずか。
生活があったのですね~。

映画を見ながら沖縄戦と比較していましたが、酷さは変らないですね。

何が違うのかと考えました。
硫黄島戦は、はじめから負け戦(いくさ)であったこと。
辛いね~。

そのなかで、孤軍奮闘する栗林中将というすばらしい人柄が救いですね。
日本のために戦わなければならない使命と、部下を無駄死にさせたくない想いとが交差しながら、戦場の陣頭する中将の苦悩がよく描かれていました。

それでも、負けを知っていて戦う、抵抗し続けた理由は、日本が勝つためでなく本土を守るため。
人のため、家族のため、天皇陛下のため。

今の日本人に忘れている事が、沢山あると感じましたね。
いじめも辛いかも知れないが、自決しなければならない辛さは何ともいえないよ。
生きたくても、生きられない、逃げられない環境は、精神的にもおかしくなるはず。
今の日本人がいかに平和ボケしているか。

それをアメリカ人から教えられるのですから、また不思議な感覚です。
でもなぜ、この時期(イラク戦争)にこんな映画を??ん~~~??

あと印象的だったのは、映画館から出てくる人みんな、俯いてため息交じり歩く姿です。
ひじ~ょうに重い映画ですし、見たくない映画かもしれませんが、日本人・特に未成年なら見なければならないでしょうね。

最悪な事があっても、生きていれば必ず挽回も出来る・・・・。いじめられても、諦めるな!!

2006.12.17
久ぶりのブログ

こんにちは。
ブログの更新が無い!!!!
色々と心配して頂いたみたいです。すみません~!!!
医院は、問題なく診療させて戴いています。

何人かの方に、「何かあったの?」と以前から患者さんからも・・・・
代表して吉村さ~ん、見てますか?(笑)
期待して見に来ている人がいると言う事は、改めて有難い話です。

ブログが、飽きたわけではありません。
忙しいことも、理由にしたくはなかったですが。
書けば書いたでレスポンスが必ずあります。良いこと悪いこと・・・・・。

今、一番大事な事は、現在来られている患者さんを大事にする事!
それが大きな理由ですね。  (ん~????って思う人も。)
これは、スタッフにも常に言っています。

ブログで期待を集めることが、私の仕事ではありません。
本職は、歯科医で。
多くの歯周病の患者さんを審美的に、機能的に治してあげたいという気持ちです。

今後とも、私の身勝手にお許しください。

2006.10.12患者さんとの対話
ロシアからのメッセージ・スタート

今回、患者さんからのメッセージをお届けします。

松本先生
ほぴこです。116067184415623838.jpg

ロシアに無事着いて初海外生活を始めています。
出発前にバタバタと治療していただいてありがとうございました。
その後、痛みも全くないですし、調子バッチリです!

先週木曜日についてすでにヒマし始めてます。
これは語学学校行きが決まりですね~。
とりあえずブログできたので時間あるとき見てみてくださいね。
少しずつ更新します!P1010013.jpg

http://happymoscowlife.at.webry.info/

現在彼女(ほぴこ)は、夫の転勤によりロシア・モスクワの生活を始めました。
私たち日本人にとって、なじみの少ない国・ロシアでの生活を、やさしいメッセージ・ブログを送ってくれます。

私は、2年間の本格矯正で付き合い、彼女の印象をいつも明るく・前向き・人生を楽しみ、柔和な雰囲気をかもし出す人だと思いました。
そんな方が、全く未知の国で、新しい生活をされます。
皆さん応援して下さい。

2006.10.04スポーツ
すべては、信用から。

今週の日曜日久しぶりに、テニスの試合に出てまさかの優勝しました。
バンザイ~!!!
P1010713.JPG
久しぶりに、レーシングカートで優勝した以来の大き目のトロフィーをもらえました。
気分がいいですね。
でも、お前は、テニスをしているゆとりがあるのか?と言われると、無いのが現状です。
開業してまだ5ヶ月目ですから。
何ぶんにテニスの試合は、お久しぶり状態です。

試合に出た理由も、11月に歯科医師会のテニス大会があるための体作りが、今回の目的でした。
大先輩の箕面の黒木先生に迷惑かけないために。

試合の本格的エントリーは、1年ぶり。テニスの試合をするのも5ヶ月ぶり。
男子ダブルスにエントリーは2年ぶり。

そのために、1ヶ月の練習しっかりして、試合に。
「出るからには、ベスト4に入る!!!」と言う目標でしたが。

1ヶ月、直前になっても全く練習できずじまい。
感覚なしの、不安を抱えたまま試合に臨む。ここまで準備不足は、何事においてもはじめて。
不安・不安・・・・・。

対戦相手は、けして弱くないです。対戦者は、初戦から優勝経験者。
そんな簡単に勝たしてもらえません。

その証に、スコアーは
第1試合
6-2
1-6 
(7-5)

第2試合
7-6 (7-5)

第3試合
6-2

第4試合・決勝
6-4

3試合目まで、対戦者に優勝経験者がふくまれる。
すべて競っています。

では勝因は何なのか?
私が考えているのは、
・パートナー井上(税理士)さんの好調な仕上がり。すばらしい出来でした。
・消して、冒険的(一か八か)なプレーをしない。
・相手をよく観察していたこと。
・緊張しても冷静さと、攻める気持ちを忘れない事。
・それと、ダブルスは、1+1=2にさせない事。3にする事。
・外部からのプレッシャーがあまり無かった事。でも、内部にプレッシャーをかけて力に変える事。


私とパートナーの井上さんとは、試合前も試合中も全く打ち合わせはしません。
お互い言わなくてもダブルスの考え方は、基本的に同じだから。
試合中に振り替えればそこにいるという事(リカバー)と、勝因の内容を実行する事でお互いの心で信用が生まれます。
それが積み重なると、安心感、信頼感になるのですね。

仕事していても、患者さん診ていても協力しあって、信用を作るのですね。
これは、どの場面においても同じです。
ただ、人によって信用の作り方、信用のされ方は違うんですね。

2006.10.01インプラント
超・セレブ旅行が人気らしい

こんな記事見つけました。
凄いですね~。

近年、旅行商品はさまざまな顧客ニーズに合わせて多様化していますが、その中で憧憬を含めて注目を集めているのが超豪華セレブ旅行です。
JTBでは、「モルディブ一島貸し切り旅行」を主催。今年4月にオープンしたばかりのプライベート・リゾート「ラニア&ウォーター・ガーデン・アイランド・スパ」に一組限定で滞在するというプランで、旅行代金は2名で参加した場合、1人398万円。


要望通りに食事を拵えてくれるシェフやエステティシャン、ダイビングインストラクターなどの専属スタッフ、豪華プライベート・ヨットなどが、夢の休日を約束してくれる究極の贅沢プランです。
航空機はビジネスクラスの利用となりますが、約3000万円(一機の貸し切り料金)で、プライベートジェットを借りることも可能だとか。
photo04_s.jpg


プライベートジェットなんて、ハリウッドスターの乗り物…なんていうのは、もう一昔前の話。今や、世界で徐々にポピュラーな移動手段となっており、そのニーズは高まる一方。
安全で自由かつゆとりある旅の満足感が得られると同時に、乗り継ぎなどの時間が大幅に節約されることから、プライベートジェット利用の旅行商品が、さまざまな旅行代理店から発売されています。
「ちょっとだけ贅沢に」という向きには「オーダーメイドの旅」がピッタリかも。本格セレブからプチセレブまで、リッチ&ゴージャスな旅行プラン。
検索するだけでもセレブ気分が味わえるかも!?
いいなあ~~。

こんな旅行がしたくても出来ない患者さんでおられます。
どうしても人前で歯の事(入れ歯)が気になり、旅行は嫌でした。
「調子悪いと美味しくない。」
と言う患者さんにあった事が、何人かいます。

悩みはそれだけでなくホントに快適に治るのか?
インプラント入れても痛くなく噛めるのか?

やる前は不安と質問の嵐です。理解できますね。
しかし、私もそうですが、お互いに協力してもらえたら、最後は記念撮影する仲になりますからね。

治ったら、患者さんは勝手ものです。治ったら定期検査も来ませんから。
それだけ、問題ないという事ですがね~。(笑)
でも、メンテナンスは必要ですが・・・・・・。

たまに来られたら、「何処何処行きましてん。」(ニコニコ)

P1010615.JPG
(よく医院に写真を持ってきて頂ける、松尾さん)

そんなもんですね・・・・。その幸せそうな顔が私にとって何よりです。

  1. <
  2. 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

Warning: include(/usr/home/aa217oki2i/html/drs_blog/include/sidebar.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/ah122moa3p/html/drs_blog/index_11.php on line 441

Warning: include(): Failed opening '/usr/home/aa217oki2i/html/drs_blog/include/sidebar.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/ah122moa3p/html/drs_blog/index_11.php on line 441

Warning: include(/usr/home/aa217oki2i/html/include/footer.php): failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/ah122moa3p/html/drs_blog/index_11.php on line 449

Warning: include(): Failed opening '/usr/home/aa217oki2i/html/include/footer.php' for inclusion (include_path='.:') in /usr/home/ah122moa3p/html/drs_blog/index_11.php on line 449