「言葉」で綴る、
悩みの実例集
写真・映像では伝わらない
悩み事が多くあります。

CASEBOOK:008

マイクロスコープは、万能か?

まず結論としましては、万能ではありません。

何でも治せるとは言えないようです。
それは、下記のような事案、エビデンス、事実があるからです。

最近、マイクロスコープが流行りで導入して『神経治療を自費治療』として施術している医院が多いです。
それは、歯の中がよく見えるから見落とすことがない??からです。
マイクロスコープは、要は拡大鏡もしくは虫眼鏡のようなものです。

確かによく見える高価な機械です。
だからと言って『診える』とは限りません。
診える=診断が適切である
とは言えないのです。

『見えること』は、『診えるに繋がる』第一歩ですが、診断は別の技術ですし、能力です。

我々の医院は『歯を残すという治療』と言う技術がありますので、『歯が失くなることを懸念して』今までにこんなご相談をよく受けてきました。

「マイクロスコープで神経の治療を受けたが、痛みがおさまらない。キレイに神経の治療が出来ているというが」
「いずれ痛みは消えると言われるが、一向に回復しない」

だから、このままでは
『痛いから=歯が失くなる』と言う患者様の訴えには「なるほど」というご相談が、実は頻繁ごさいます。
まず残念ですが、情報で謳われているほど、マイクロスコープは『痛み』を止める救世主、万能薬にはなりえません。
もちろんメリットもあります。

ドクターにはよく見えます!!

しかし、デメリットもあります。
治るかどうかは別に高額です。

その事を情報として色んなメリット、色んなデメリットを理解して患者様は、マイクロスコープを受けて頂くと幸いです。

ARCHIVES:

マイクロスコープは、万能か?
CASEBOOK:008
アライナー矯正 マウスピース矯正についての注意喚起
CASEBOOK:007
歯を延命するには?
CASEBOOK:006
『歯も!疑って下さい!』 原因不明の『頭痛』がある方、多くの改善例あります。
CASEBOOK:005
耳鳴り・難聴!『歯も!疑って下さい!』 まさか歯が原因!?
CASEBOOK:004
タバコを吸っていても、歯周病は治る?
CASEBOOK:003
「歯を残す」ことと「インプラントをする」ことは、どちらが治療として難しいことなのか?
CASEBOOK:002
言うのは簡単!「歯を残す!」って書いてるけど、結局抜くんじゃん!
CASEBOOK:001

Page top