治療実績集

  1. トップ
  2. 治療実績集
  3. インプラント治療
  4. 残せる歯は残し、必要最低限にインプラントを減らす

治療実績集 No.177

残せる歯は残し、必要最低限に
インプラントを減らす

50代・男性

度を超えた歯の状態
何とかできますか?

ほとんどの歯が歯周病なので、抜歯してインプラントすれば簡単な話ですが、その分、費用は高額になり、歯と経済的な面でストレスは大きくなるでしょう。だからといって、全てのインプラントを否定されてはこの結果にはなりません。

施術前写真(正面)
歯ぐきの色が悪いですね。下の前歯が見えません。
施術後写真(正面)
矢印がインプラントです。薬剤を使わず、きっちりした治療で、
健康的な歯ぐきの色に、変化しました。
施術前写真(右)
歯石、たばこのヤニ、汚れで口腔内は大変壮絶な状態でした。
どれだけのご自身の歯が残るでしょうか?
施術後写真(右)
施術前写真(左)
施術後写真(左)
明らか、この患者様は健康的になりました!
あとは、こまめに定期検診です。

最低限のインプラントの数と
多く残ったご自身の歯!!

歯グキの色が証明している

なぜ、こんな汚れ(プラーク・歯石)の多かった歯周病菌のいる口の中に、インプラントができるのか?今後、歯周病は再発しないのか?そういう疑問持ちませんか。この問題を解決せぬまま、歯を抜き、ただインプラントしているようでは、インプラントもダメになるとは思いませんか。その答えは、歯ぐきの自然な色の変化が証明しています。(当医院の歯周病治療ページインプラント治療ページなどを詳しくご参照下さい)

治療内容

  • ○ インプラント治療
  • ○ 歯周外科治療
  • ○ 歯を残すという治療
  • ○ 審美治療

掲載されている治療は、全て当院でなされたものです。よって、全ての症例に関しまして、 加工修正を行っておりません。すべて元データもあり、科学的根拠、データ、プロセスを示せるものですので、公的に開示することが可能となっております。また他のメーカー、他人の論文の転用はございません。当院の掲載している症例は、自由診療(完全自費診療ではありません)です。

Page top