「言葉」で綴る、
悩みの実例集
写真・映像では伝わらない
悩み事が多くあります。

CASEBOOK:012

自分で歯周病を治す方法! (重度歯周病を狙って治す医院からのご提案)

重度歯周病を治すのは簡単ではございません。それは歯周病を深く理解していないと治せません。
その医院からの見解です。

歯磨きで治るのは、①歯肉炎②軽度の歯周炎です。

①歯肉炎
歯がぐらつかない歯肉炎の場合は、歯ぐきから出血するだけで骨は溶けていませんので、歯を失う深刻なことはありません。また歯ぐきをブラシで触ると痛みますが、それでも我慢して毎日少しずつ赤みのある歯肉を歯ブラシでマッサージしていると、その赤みが減り、出血量が減っていずれなくなり、歯肉炎は治ります。
痛いからといって、そこから逃げるのでなく、血が出るところをまずは優しく血を出しながらマッサージをし続けましょう。費用も掛からず自分で治せるので、頑張ってみてください。
歯ぐきが腫れすぎる歯肉炎は、頑張って磨くと、脂肪みたいな歯肉になりますが、気持ち悪かったら、歯科医院で綺麗にしてもらうのもアリでしょう。

②軽度の歯周炎
歯が若干グラつきはじめ、一部骨が溶け始めるのが、軽度の歯周炎です。この時点でも、まだ歯ブラシで治るレベルですが、歯ブラシを歯肉に当ててマッサージすれば、揺れも少し落ち着きますし、出血も止まり治ったことになるでしょう。

しかし、今後再発しやすい傾向にありますので、今後ケアが必要です。ケアを手を抜くと、また歯周病の進行が起こりますので、まずは近隣の歯科医院で治療やプロフェッショナルケアを受けることをお勧めします。そして、歯科治療だけに任せないで、自分でも治す努力として、自宅でのセルフケアを丁寧に行うこと、予防することが大切ですが、常に『正常と異常のギリギリのところにいる』と思って、自分で歯みがきを頑張ってみてください。

ただ、どうしても歯周病の進行が止まらない事態になれば、自分の歯周病の状態と『歯周病の技術レベル』に合った詳しい歯科医院での、治療のご相談をされることをおすすめします。

歯を失うことは、治療費用がいずれか掛かるので、少しでも歯を失わないことが大切ですので、初期判断を大切にしましょう。

ARCHIVES:

顎変形症で顎(アゴ)骨切らない
CASEBOOK:013
自分で歯周病を治す方法! (重度歯周病を狙って治す医院からのご提案)
CASEBOOK:012
咬耗(歯の異常磨耗・歯が欠けやすい)
CASEBOOK:011
頭痛!『歯も!疑って下さい!』 まさか歯が原因!?Part2
CASEBOOK:010
アライナー矯正 マウスピース矯正についての注意喚起 Part2
CASEBOOK:009
マイクロスコープは、万能か?
CASEBOOK:008
アライナー矯正 マウスピース矯正についての注意喚起 Part1
CASEBOOK:007
歯を延命するには?
CASEBOOK:006
頭痛!『歯も!疑って下さい!』 まさか歯が原因!?Part1
CASEBOOK:005
耳鳴り・難聴!『歯も!疑って下さい!』 まさか歯が原因!?
CASEBOOK:004
タバコを吸っていても、歯周病は治る?
CASEBOOK:003
「歯を残す」ことと「インプラントをする」ことは、どちらが治療として難しいことなのか?
CASEBOOK:002
言うのは簡単!「歯を残す!」って書いてるけど、結局抜くんじゃん!
CASEBOOK:001

Page top