「言葉」で綴る、
悩みの実例集
写真・映像では伝わらない
悩み事が多くあります。

CASEBOOK:005

『歯も!疑って下さい!』 原因不明の『頭痛』がある方、多くの改善例あります。

まさか『歯が!?』でもどの歯?

当医院には、頭痛に関する多くのデータが整っています。
これは歯の治療の仕方によって大きく人生が変わります。

当医院の過去の実例内容として、
①頭痛外来に通われ、頭痛薬で対処していた方
②高額な頭痛薬を定期的に購入していた方
③頭痛薬が全く効かない定期的に起こる群発性頭痛のあった方
④雨、低気圧が近づくと偏頭痛のあった方
⑤頭痛がひどいため、脳を疑い、脳のMRI.CTを撮って、異常が見られないと診断され原因不明と診断され、頭痛が消えなかった方
⑥矯正治療『後』、セラミック矯正治療『後』頭痛が消えなかった方
⑦歯の治療を受けてから頭痛が増えた方
⑧※現在、悪い歯がある方
⑨※現在治療中の方でいくら治療しても歯が治らない方(治療間もない場合は仕方ないです。治療が目処つくまでしばらく待って下さい)

【※歯が関連性を持っています。頭痛を疑う要素です】
①~⑨複数該当するケースもあり、頭痛が消失減少したデータがあります。

【注意】
治す歯を間違えると逆に『頭痛が増えてしまいます』ので、高い診断力が問われます。
また、矯正治療を開始すると頭痛は一旦付き物になります。
しかし矯正治療が『正しく』終わった時に頭痛が消えるものです。

ARCHIVES:

アライナー矯正 マウスピース矯正についての注意喚起
CASEBOOK:000
歯を延命するには?
CASEBOOK:006
『歯も!疑って下さい!』 原因不明の『頭痛』がある方、多くの改善例あります。
CASEBOOK:005
耳鳴り・難聴!『歯も!疑って下さい!』 まさか歯が原因!?
CASEBOOK:004
タバコを吸っていても、歯周病は治る?
CASEBOOK:003
「歯を残す」ことと「インプラントをする」ことは、どちらが治療として難しいことなのか?
CASEBOOK:002
言うのは簡単!「歯を残す!」って書いてるけど、結局抜くんじゃん!
CASEBOOK:001

Page top