かみ合わせ治療

  1. トップ
  2. かみ合わせ治療

かみ合わせの治療について

M DENTALSTUDIOでは、目に見えない咬合病(こうごう病)という治療を積極的に具体性を持って行っています。

よく「咬合って何ですか」って聞かれます。
素人に分かるように説明するのは、かなり難しいことです。
しかし一言で言うと、

「単に上下の歯が接触ができていたら、かみ合わせができているとは言えない」ということだけは分かっています。緻密で繊細な治療です。

今だ、歯科界でも色んな説、理論を持たれている複雑な分野でもあります。

当医院では、かみ合わせのメリットを必要な方に直接お見せすることができます。写真ではお伝えすることが難しいので残念ですが・・・・・。

カブセを1個でも触れば、かみ合わせを変えることになります。気をつけてくださいね!! かみ合わせが、理解されているDrに見てもらえれば、色々変わったと実感するはずです。

しかし、かみ合わせの方程式というのは、個々に違いがあり非常に難しく試験問題が解けたから出来ると言うほど、現実はマニュアルできるほど簡単ではありません。それは、患者様が具体的に結果、治ったという実感で判断されるからです。

たまに、例外で真逆の理屈、説明のつかない、かみ合わせを求められる患者さんもいらっしゃいます。

かみ合わせの方程式が、本当に稀の稀に通用しない方がおられます。

そのような患者さんのケースは、精神的に安定しないため、仕事もままならない現状です。このような方の場合は、歯を永続的に維持するかみ合わせを作ることが無理な場合が出てきます。

この病気は慢性化しやすいため、知らず知らずに蓄積され筋肉・骨格(骨)・関節に負担をかけ、さらには、交感神経・副交感神経のバランスまでもが崩れてしまいます。特に40~50歳代の女性に多く、男性にもあり、その結果、精神不安定(歯科界での不定愁訴=原因不明の精神不安定)に発展する怖い病気です。

謎の頭痛にも出ていることがありますし、頭痛持ちの人が目の前(視野)が明るくなったという人も多く当医院ではおられます。

若い頃は体力・気力ともしっかりしていますので、問題もなく露呈しにくいのですが、溜まった悪習癖が一度に爆発したときには、原因不明の症状や難病としてあらわれてしまうことがあります。
だから、間違っているかみ合わせの中で、さらにインプラントを埋入したとしても、味を感じる事ができません。だから、患者様の中でも、インプラントが良いと悪いという意見が出てきます。(詳しくはブログのかみ合わせにて)

M DENTALSTUDIOでは、そういった事例を起こさないために、患者様のデータとナソロジーというベーシックな咬合理論を基に、他院には無い独自の技術と理論を投入し、患者様個々にあわせた治療設計をしていきます。

目標は口の中が快適になることと、診断だけでない咬合病の具体的な症状改善と軽減です。

審美治療の症例写真

セラミックによる審美治療と
かみ合わせの再構築

京都府 左京区在住 37歳 女性
職業 受付事務

治療前写真(1) 1. 残念な事ですが、某審美歯科医院にて治療終了されるも、大きくて、不自然で、噛みにくい、ということで再治療を望まれました。

審美治療写真(1)
2.上の歯は奥歯の一部も含め、セラミックにて再治療を行いました。
もともと左右非対称のため、バランスをとるのが非常に難しかったです。
しかし、歯ぐきとセラミックとのなじみも自然な状態にしています。

審美治療写真(2) 3. ここまで完成されるまで、仮歯にて噛めるかどうか、シュミレーションを重点的にしています。
実は下の前歯も1本だけセラミックにしています。どの歯かわかりますか?

ページの先頭へ