治療実績集

  1. トップ
  2. 治療実績集
  3. 歯周病治療
  4. 歯の動揺と向き合う

治療実績集 No.060

歯の動揺と向き合う

当院に来られる患者様は、色々な治療経験をされ、悩み抜いた結果、尋ねて来られます。そのため、多くの情報を患者様自身がもたらします。特に、歯の動揺は医療機関によって大きく判断が変わるようです。
もちろん、最初から治らない例外もあります。その一例に根の先まで及ぶ歯根破折など、歯周病に見えて歯周病でない理由もあります。そのような歯は保存不可能な事が多いです。しかし、歯周病による歯の動揺は、医院の技術により残せる判断が変わります。当院でも最初の診断で「無理」と判断しても治療中盤では「残る」という判定に変わることもあるくらいです。

歯の動揺は、患者様ごとに全て理由が違います。そのような事例に関しても、出来るだけ自然に戻す事、自然に近づける事を目標にしています。下記に載る写真は全て動揺して困っている事例の一例です。全て解決し、今では安定してメンテナンスに半年に一度通院されています。個々に悩まれる患者様の一つの悩みを、当院は前向きな提案をし、努力して参りたいと思います。

歯の動揺01(上写真)

歯ぐきの治療をすると痩せてしまいました。もちろんですが、この時点で歯の動揺が大きくあります。このような方も解決しています。(術後は院内にて掲載)

歯の動揺02(真ん中の2本の歯写真)

真ん中の2本の歯は、歯の動揺が激しく6年前に抜歯と判断していました。しかし今では元気に...。(術後は院内にて掲載)

歯の動揺03(治療前写真)

歯周病が原因で矯正治療を受けられたとの事ですが、治療終了されてこれでは噛めないと嘆き来院されました。(術後は院内にて掲載)

歯の動揺04(前歯写真)

前歯・歯周病による動揺と口臭が気になります。(解決事例はこちら

標準的な費用
治療期間および回数
施術のリスク・副作用、安全運営のための注意事項
  • 保険診療含め・抜歯・歯周治療・インプラント治療、矯正治療・審美治療・銀歯治療・顎関節治療などの歯科治療全てには、痛み・冷温水痛・咬合痛・歯根吸収、神経の異常、インプラント周囲炎、発熱を伴い、場合よれば腫脹や出血など予期せぬ体調の変化が生じる事がごさいます。その時は担当医師に、まずご相談ください。また当医院では、体調の改善例も多数ありますので、医師にご相談ください。
  • 麻酔を行う場合、腫れ・むくみ・動悸を生じる事がごさいます。その時は医師にご相談ください。
  • セラミック・仮歯・矯正器具・インプラントが欠けたり、外れる事がごさいます。時には神経の治療や抜歯が必要な場合がごさいます。また、矯正治療・セラミック治療・銀歯治療、マウスピースには、歯並びや噛み合わせが変わる事により違和感、頭痛、顎関節症などを生じる事がございます。その時は医師にご相談下さい。
  • 掲載されている治療は、全て当院でなされたものです。よって、全ての症例に関しまして、 加工修正を行っておりません。すべて元データもあり、科学的根拠、データ、プロセスを示せるものですので、公的に開示することが可能となっております。また他のメーカー、他人の論文の転用はございません。当院の掲載している症例は、自由診療(完全自費診療ではありません)です。
  • 症例掲載は、参考的見解、結果であり、今後の治療を保証するものではございません。個人の症状、治療条件、医院の技術的見解レベルにより、治療効果、結果は異なります。またすべての治療は、治療が終了した時点で、全ての問題が解決されるように治療を施術して参ります。ご相談なく、通院を中断されますと、予測した治療効果、結果に到らないことがございます。事前にご相談ください。
  • 費用に関しましては、個人の症状、諸条件によって異なります。医師とご相談ください。治療期間、治療回数に関しましては、同じ費用でも患者様症状、口腔内環境において異なります。当院の全ての患者様は、保険診療問わず医師のカウンセリングを受けて頂いています。ご承諾の確認の上、治療を行っております。

掲載されている治療は、全て当院でなされたものです。よって、全ての症例に関しまして、 加工修正を行っておりません。すべて元データもあり、科学的根拠、データ、プロセスを示せるものですので、公的に開示することが可能となっております。また他のメーカー、他人の論文の転用はございません。当院の掲載している症例は、自由診療(完全自費診療ではありません)です。

関連のある実績

Page top